クレジットカード 初めて

やってはいけません!クレジットカードの現金化、その2つの手法

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠という2種類の機能があるのをご存知でしょうか。キャッシング枠というのは、文字通り、お金を借りる機能です。カードや個人によって限度額はそれぞれですが、限度額50万円までとなっている場合は、50万円まで現金が借りられるということです。ショッピング枠も同じように限度額50万円まで、となっていたとしましょう。その場合は、50万円までクレジットでお買い物ができる、という意味なのです。

今、このクレジットカードのショッピング枠を使って現金化する行為が問題視されています。すぐにでもお金が必要で借りたいけれど、クレジットカードのキャッシング枠が限度を超えてしまって借りられない。そんな切羽詰まった人を対象者に、この現金化という行為を勧めている業者が増えているのです。

具体的にどのようにするのでしょう。簡単に分ければ2パターンの手法があります。買取型とキャッシュバック型です。例えば、業者は自社の商品を対象者にクレジットカードのショッピング枠の50万円で購入させます。そして、すぐに商品を戻してもらい、手数料を引いた40万円を対象者に振り込みます。対象者は、クレジットカードで購入して、返品するだけですぐに手元に40万円を得たことになるのです。これが、買取型のクレジットカードの現金化です。もう一つの手法は、業者が指定の商品を対象者に同じように50万円で購入させます。そして、その商品の代金の何割か(40万円)をキャッシュバックとして対象者に振り込みます。これが、キャッシュバック型のクレジットカードの現金化です。こちらも、同じように対象者はすぐに現金を得ることができるのです。どちらの場合も、指定期日にカード会社から50万円の支払いの請求が来ます。結局は、10万円損することになるのです。普通に考えると、40万円借りて10万円という法外な金利を払って返していることになるのです。

今現在、このクレジットカードの現金化は限りなくグレーゾーンではあるが、完全に違法だとは言い切れない範疇にあります。ですので、完全に取り締まることは出来ません。しかし、カード会社はこの行為を禁止していますし、実際犯罪に巻き込まれたりする事例もあります。また、個人情報が怪しい組織に利用されたりする可能性も高いので、このような行為は極力やらないようにしましょう。

カードの不正使用防止に役立つ、セキュリティコードって何?

種類が豊富で、リーズナブルな商品が家に居ながらにして購入できる。オンラインショッピングは大変便利で魅力的です。不況によって、色々なお店が売り上げ不振であえいでいる中、絶好調なのがオンラインショッピングサイトです。

通常、私たちがオンラインで商品を買いたいと思うとき、その決済方法としてクレジットカードでの決済を選ぶ人が多いかも知れません。そして、決済方法を登録するとき、必ず入力しなければいけないものの一つに、セキュリティコードというものがあります。いまいちどういうモノなのか、ピンとこない人も多いのではないでしょうか。このセキュリティコードとは、いったいどのような役割を担っているのでしょうか。

ずばり、「オンライン決済における、不正使用の防止」これがセキュリティコードの存在意義です。セキュリティコードは、クレジットカードの表または裏に3桁もしくは4桁で記載された数字です。カード会社によって記載場所や桁数などは異なります。そして、このセキュリティコードは、カード現物にしか記載されていません。つまり、伝票や明細その他いかなるものにも記載されず、磁気情報にも含まれていない独立した情報なのです。それゆえ、カードを持っているその本人以外には知りえない情報である、といえます。対面取引ではないオンライン取引の場合は、セキュリティコードの照合を持ってカード所有者であると確定できるのです。

さらに、オンラインのショップ業者は、顧客から入力されたセキュリティコードを保存することを、禁じられています。これは、万が一、ショップの顧客情報が漏えいしたとき、カード番号だけの被害で済むからです。カード番号だけでは不正利用が容易にはできません。リスクを最小限にするために、セキュリティコードの保存を禁じているのです。実際にカードを持っている本人を確定する手段としてのセキュリティコードは、オンラインショッピングなどの対面じゃない取引をするうえで、今後も重要な役割を果たしていくと考えられています。

直筆サイン不要!icチップ付きクレジットカード、その利便性を検証

icチップ付きクレジットカードとは何でしょうか。まずは自分の持っているクレジットカードを見てみましょう。真ん中の左あたりに1cm位のチップが埋め込まれているでしょうか。もしあるのならば、それがicチップと呼ばれるものです。今、クレジットカードの種類は大きく分けて二つあります。従来からある磁気テープを使用したカードとicチップを使用したカードです。

従来のクレジットカードの裏面を見てみましょう。上の方に、黒いラインがあります。これが、通称、磁気ストライプといわれるものです。従来の磁気テープ式クレジットカードが、この磁気ストライプからカード情報を読み取るのに対して、icチップ付きカードはその名の通り、icチップから情報を読み取るのです。近年、このicチップ方式が防犯の上で、とても有効ということで、各社普及を推進しています。しかし、まだ、浸透していないのが現実です。

スキミングという言葉を聞いたことはあるでしょうか?磁気テープのクレジットカードに使われている磁気ストライプは実は、カセットテープの方式と似ています。ですので、読み取る専用の機械があれば、簡単に読み取れてしまえるのです。そして、磁気テープを読み取って情報を盗み出す犯罪をスキミングといいます。

従来のカードがスキミング被害に遭いやすいのに比べて、高機能icチップは変造や解析がしづらいため、スキミングは不可能です。欧米では、icチップ付きクレジットカードが広く普及することによって、この種のカード犯罪が劇的に減少しました。

しかし、日本では、「次回更新時には自動的にicチップ付きクレジットカードに切り替えます」というように、積極的に普及を推進しているカード会社もあれば、それほど積極的ではない会社もあります。これは、カードの発行コストがicチップの方が掛かるからです。そうなると、磁気テープとicチップが共存するカードも出てくるわけです。磁気テープをなくしてスキミングを防ぐ目的が、これでは意味がありません。さらに言えば、クレジットカードは海外で使用することも当然あります。たとえば、アジアやアフリカなどの新興国で使用する場合は、まだインフラが整ってないので、icチップ付きクレジットカードは使用できない可能性もあるのです。そういった諸々の事情が、普及を妨げている一因になっているのも事実です。

とはいえ、icチップ付きクレジットカードには犯罪防止の他にも、もう一つ利便性があります。買い物時に、直筆のサインが不要になるのです。サインレスで買い物ができるというのは、とても魅力的なことです。犯罪被害を防止して、サインレスでお買い物ができる、この2つのポイントがicチップ付きクレジットカードの特徴だといえるでしょう。

今さら聞けない…高速道路の料金所で、クレジット決済は可能?

一昔前は、高速道路の料金所といえば窓口におじさんがいて、現金を払うという形が一般的でした。渋滞で何時間も高速道路を運転した後、料金所のおじさんに「お疲れ様でした」なんて言われると、ふっと気持ちがほどけたりしたものです。かたや、今は有人の料金所は少なく、ほとんどが自動料金収受システムによってノンストップでレーンを通過できます。いわゆる、ETCシステムを使うことが主流になっているのです。すこし寂しい気がしますが、これも時代の流れ。実際、料金所での現金受け渡しに割かれていた時間が、大きく短縮され、渋滞が緩和されているのは事実です。メリットも大きいのです。

しかし、すべての人がETCカードと車載器を持っているわけではありません。もちろん、現金払いで支払う人もいるいっぽう、クレジットカードで支払いたい人もいるのではないでしょうか。高速道路の料金所で、クレジット払い?あまり、聞きなれませんが、はたして可能なんでしょうか。せわしなく通り過ぎる、料金所付近で、もしかしたら表示されているのかもしれませんが、よくわからないというのが現実です。

結論からいえば、主要な高速道路・有料道路においてクレジットカード決済は可能です。よく見ると、料金所に使用できるいくつかの大手クレジット会社の名前とマークが表示されています。その際、料金所の一般レーンでクレジットカードを提示します。基本的にサインは不要ですので、時間も現金払いとほとんど変わらない時間で済みます。

ただ、首都高速など一部の高速道路・有料道路ではクレジットカードを使用できません。使用ができるか、できないかは、その場で困らないように事前に確認しておく必要があります。また、上記の首都高速などで、クレジットカードではなく、クレジット機能付きETCカードであれば、使用が可能になる場合もあるので、こちらも事前に確認しておきましょう。いずれにしても、最も便利な方法は、ETCカードとETC車載器を車に搭載することなのかもしれません。

お買い物好きの女性必見!話題の女性専用クレジットカードの実力

多くの人が持っているクレジットカードは、対象を限定していません。つまり、より多くの人に利用してもらえるように汎用性があるものになっているのです。対象者を限定したもので有名なのは、学生専用のカードでしょうか。内容は通常のクレジットカードと大差はないでしょう。そんな中、2006年あたりから徐々に盛り上がってきているクレジットカードがあります。それが、女性専用のクレジットカードです。

特徴として、最も目を引くのが、カード自体のデザイン性です。通常のクレジットカードは、どちらかといえば簡素な、悪い言い方で言えば面白味のないデザインになっています。これは、多くの人を対象にしているため、ある意味仕方のないことです。しかし、各社が発行している女性専用クレジットカードは、そのほとんどが、カラフルで可愛らしいデザインになっています。お財布に入れて持ち歩くのが楽しくなる、そんな観点からデザインされたクレジットカードが多数あり人気を博しています。女性にとっては、デザイン性というものは非常に重要なポイントなのです。

カード会社が女性独特のライフスタイルを研究して開発された、女性専用クレジットカードのメリットは、やはりそのサービス内容にあります。忙しい仕事に追われる日々の中で、趣味は休日のショッピングという女性も多いでしょう。自分へのご褒美として、服を買ったり、エステなどに行ったり、はたまた、連休にちょこっと足をのばして温泉へ、などなど。こういった、服飾・ビューティー・旅行などに対する特典やサービスが充実しているのです。

また、付帯の保険として女性特定のがん保険(乳がんなど)がつくものも魅力的です。また、女性自身のライフスタイルの変化に対応したサービスのものもあります。たとえば、出産したママさんに特化したサービスのクレジットカードなどです。一口に女性専用クレジットカードといっても、デザイン・サービス内容ともに多様なものがありますので、まずは自分に合ったクレジットカードを探すところから始めましょう。

現金を持ち歩くのは危険!留学先でのクレジットカード活用法

今や英語が話せなければ、世界では働けないと考え、大学を休学して留学する決心をした。しかも、1、2週間とかの短期じゃない。1年間みっちり学校に通って学ぶつもりだ。意見を聞こうと、留学経験のある先輩に色々とアドバイスをもらった。その中で、クレジットカードは絶対持っていけ!っていわれたんだけど、実は持っていない…いちいち作るのも面倒かなと思う今日この頃。実際、海外留学でクレジットカードって必要なの?

クレジットカードは、長期留学には絶対に必要だと思ってください。日本は比較的治安がいいので、不安はないかもしれません。しかし、海外で多額の現金を持ちあるくことは、とても危険です。財布をスられる心配や、いきなり銃を突きつけられて身ぐるみ剥がされるなんてことが、海外ではおきます。基本的に、多額の現金を持っている人の自己責任で片づけられる場合が多いため、泣き寝入りするしかないのです。クレジットカードを持っていれば、現金を持ち歩く必要がなくなるので、そういったリスクはなくなります。日本円を現地通貨に換金する手間も省けます。

また、クレジットカードは第二の身分証明書がわりに活用できます。海外では、ホテルの利用、レンタカーの利用、はたまた、電気や水道の契約時であったり、いろいろなシチュエーションで身分証明書の提示が求められます。クレジットカードはその全てにおいて身分証明代わりに使えるのです。

では、20歳以下でクレジットカードは作れるのか。これには、学生向けの学生カードというものが対応できるでしょう。この学生カードは、親の同意があれば容易に作ることができるクレジットカードです。

晴れて、クレジットカードを作って海外留学先に来ました。現地で学費を納めることになって、クレジットカードがさっそく大活躍。無事学費をクレジットで払ったのはいいが、ある日、クレジットカードが使えなくなってしまった…何が起こったの?これは、学費という比較的大きなお金をクレジット払いしてしまったために、カードの限度額をギリギリまで使ってしまったためと考えられます。このようなことが無いように、出来るならば、海外にはクレジットカードを2枚持っていくのが、長期の海外留学を乗り切る賢い方法です!

一枚のカードを共有したい!そんな時には、家族カードが便利です

家族カードというものをご存知ですか?簡単にいえば、一枚のクレジットカードを家族で共有できるサービスなんです。例えば、夫婦でクレジットカードを一枚づつ持ちたいと考えるなら、各々がカード会社の審査を受けて、個別に自分名義のカードを所有します。しかし、家族カードは夫のクレジットカードをメインにするので、妻はほとんど無審査でカードを所有することができるのです。電話で言う親機と子機のような関係です。家族カードの所有者は、メインのカードと同じサービスを利用できるという便利なカードなんです。さらにいえば、家族カードは年会費が無料、または大幅な割引価格で提供されている場合が多いのも魅力の一つです。

さて、この家族カード、ほとんど無審査で手にすることができるのですが、利用限度額はどうなっているのでしょうか?これは、カード会社によって違います。例えば、夫妻で夫がメインのクレジットカードの場合、限度額から夫が現時点で利用している金額を引いた残りが、妻の限度額になる場合もありますし、どちらも同じ限度額を均等に利用できる場合もあります。

ではこの家族カード、適用範囲はどこまででしょうか?まず第一に、多くのカード会社は兄弟間での家族カードを認めていません。また、成人した社会人の子供の場合も、認めていない場合が多いです。

ひとまずこの家族カードのメリットを2つだけあげてみましょう。
1、家族の中で、無職や高齢によりクレジットカードを作るのが困難な人でも、カードを所有することができる。
2、クレジットカードに付帯する保険(海外旅行保険など)を家族カードを所有する人にまで広げることができる。

上記2点のメリットを見ても分かる通り、一人の信用情報で家族カードを所有する全員が、クレジットカードの恩恵を受けられるのです。そういう意味では、家族カードは、作っておいて損はないサービスであるといえるでしょう。ただ一点、家族カードを所有する誰かが、カードで散財してしまわないように、十分注意して管理しておく必要性はあるでしょう。

収入のない学生が、クレジットカードを作るにはどうすればいいの?

旅行だって、映画だって、コンサートだってネット予約の時にクレジットカードでの購入を求められる。今の時代、学生でもクレジットカードがなければ、何かと不便に感じるのだ。しかし、クレジットカードを学生が持つことなんて可能なのだろうか。しかも、バイトも何もしていない。いわゆる無収入の大学生なのだ。

ここで、学生がクレジットカードを持てるかという問題がでてきました。いきなり結論ですが、簡単に持つことができます。学生という身分はそのまま、その人の身分保障になります。収入があるかどうかは問題にされません。手順としては、申し込み用紙に記入後、カード会社に提出しましょう。その際、絶対なくてはならないのが、親の承諾です。学生が、万一、支払不能に陥った場合にその肩代わりをしてくれるのは親です。比較的容易に審査が通る陰には、その学生の親の信用が担保になっていたりもするのです。

クレジットカードは学生側には大変便利で、活用するメリットがありますが、カード会社側にもメリットはあるのでしょうか?当然あります。学生は数年後には社会人になるんです。将来的に優良顧客になる可能性の高い学生を、今のうちに緩い審査で取り込んでおく、という目論見があるのです。いわゆる、青田買いですね。

また、学生専用カードというものも各カード会社は用意しているようです。これは対象年齢を18-25歳にしています。特徴としては、利用限度額が5~30万円と低く設定されています。年会費無料で、学校を卒業して社会人になると学生カードから一般カードに移行されます。学生カード時代からの信用をそのまま引き継げるのが嬉しい利点でしょう。この学生専用カードの審査はさらに簡単!学生証のコピーを添付して申込用紙を提出する、基本はこれだけです。あとは未成年者の場合は、お決まりの親の承諾が必要になります。

学生専用カードは、利用限度額に制限を掛けており、使い過ぎて散財してしまうようなことがないように作られています。はじめてクレジットカードを持つ学生の皆さんは、入門編としては、この学生専用クレジットカードを持つことをお勧めします!

初めてのクレジットカード、じつは未成年でも作れるんです!

お酒は二十歳になってからだし、喫煙だってそうです。ギャンブルも未成年はもちろん駄目。日本においては、色々なことが未成年者は制限されます。それは、責任能力が未熟であると、判断されるからです。未成年者は、社会的にまだ大人として信用されていない年代であるといえます。当然、クレジットカードなんて未成年者が作れるわけありません…と思いきや、いやいや作れます、未成年者でも、クレジットカード作れるんです。

未成年といっても中学生・高校生はクレジットカードを作ることはできません。ここで言う未成年とは、未成年で学生(大学生・専門学校生)の人。または、未成年でフリーターの人。この二つの身分の人を指します。

未成年で学生の人に対して、多くのカード会社は簡単な審査でクレジットカードを提供します。その際、未成年者の親に確認の電話をするくらいで、それほど厳しい審査はされません。ただ、絶対条件としては親の承諾が必要なのです。しかし、総じて学生の未成年者がクレジットカードを持つのはさほど難しくないといえます。

では、学生ではない未成年者がクレジットカードを持つにはどういう条件が必要でしょうか。第一条件となるのが、収入がある、ということです。これは、クレジットカードの入会審査の項目に必ず書いてある、『安定した継続収入がある方』という条件を満たす必要があるからです。必ずしも正社員の職ではなくても、アルバイトで一定の収入を得ているのなら、審査に通る可能性が高いのです。

ただし、働き始めて間もないフリーターだと安定した継続収入という条件をクリアできない場合があります。せめて半年くらいはしっかり勤務した実績が欲しいところです。さらに、未成年でフリーターの人が審査を通りやすくするためのポイントがあります。ズバリ、キャッシング枠を0にする、ことです。申し込みの段階で、このキャッシングサービスを放棄しておくと審査で有利に働きます。

いずれにしても、未成年だからという理由でクレジットカードを発行しない会社はありません。一定の条件(親の承諾を含む)を満たせば、未成年でもクレジットカードを所有し、利用することができるのです。

予約に便利!新幹線のチケットを後払いで購入する方法とその利点

新幹線を旅行に利用する人は、とても多いですね。特に、家族旅行などになれば複数の人数分の新幹線チケットが必要になります。行先にもよりますが、家族四人だったとしても、往復の新幹線のチケット代は、結構な高額になります。また、家族旅行ではなくても、出張が多いビジネスマンはそれこそ、月に何回も新幹線を利用するなんて人もいるでしょう。

ここで、気になるのはチケットの購入について、です。通常は、現金でチケットを購入するのが一般的ですが、クレジットカードで後払いもできるのでしょうか?もちろん、できます。方法としては、駅構内の有人受付案内所に行って、カード払いを伝えればOKです。また、チケットの自動販売機でも暗証番号の入力で、チケットを購入できる場合もありますので、確認してみましょう。

新幹線のチケットを買う機会がとても多い人にとって、良いカードがあります。各鉄道会社が発行しているクレジットカードです。このクレジットカードを新幹線チケット購入時に使用すると、以下3つの利点があります。
1、早割り引きサービス
新幹線のチケットを早めに予約すれば、割引価格で購入できる。
2、解約手数料低価格サービス
急な、チケットの変更・キャンセルは通常それぞれ手数料がとられます。その手数料の料金がとても低価格になります。
3、ポイントサービス
こちらは、通常のクレジットカードと同じくポイントが貯まるサービスです。そのポイントを使って、通常席からグリーン席にする、など新幹線特有のサービスが用意されています。

手持ちの普通のクレジットカードを使用して、新幹線チケットを購入し、ポイントを貯める。それだけでも、ポイント分は得をしますが、このような各鉄道会社が発行しているカードを使用するとさらなる、サービスが利用できるので検討する価値はあります。